まちの時間割

神楽坂界隈で開催されるイベント情報をご紹介します。
チケットの購入や営業時間など、事前に確認されることをお勧めします。

2018年2月3日(土)

ワークショップ

即興! 楽描き! 猫描き会!

布バッグやTシャツ、ジーンズなどをお持ち下さい。イラストレーターMari-Qさんに「ウチのコ」を即興で描いてもらえます。「ウチのコ」はニャンコでもワンコでもウサギでも鳥でも大丈夫です。お写真(携帯やスマホ内でもOK)をお持ち下さい。


アート

冬に飾るアクセサリー展

冬には、無地のコートやニットを来ている方を多く見かけます。もしかして、ちょっとだけプラスして着飾りたいな〜と思っていらっしゃるのでは?透明感のあるこの季節にぴったりの「自分を飾る、自分に飾る」アクセサリーを探しにいらしてください。


アート

〽梅は咲いたか桜はまだかいな 西本千恵 蒔絵アクセサリー展

神楽坂の春に先駆け、日本の代表的な端唄(邦楽の一種)をテーマとしました。蒔絵とは漆器芸技法のひとつで、加飾しようとする面に漆で文様を描き、金、銀、錫等の粉を蒔いて固めるもの。軽くて丈夫、この小さな一点が身に付けた方の生き方をも上品に伝えます。


  • 日にち|2018年2月1日(木)〜 2月6日(火)
  • 時間|11:00-18:00
  • 会場|五感肆パレアナ(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区白銀町1-2(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-6951

アート

「生活工芸の作家たち1・ふつう」展

1990年代から2010年代は「生活工芸の時代」と呼ばれることがあります。安藤雅信(陶)、辻和美(ガラス)三谷龍二(木工)。「生活工芸」を代表する3人の器を、「ふつう」というキーワードで考えてみたいと思います。展示販売します。


アート

猫詣’2018 Part.2

新春展示のパート2になります。新たな猫作品も加わり店内を楽しく演出します。地域猫の為のチャリティーイベント「ちよだ猫まつり2018」に今年も参加します。2月17日(土)11時〜18時、18日(日)10時〜17時、会場は千代田区役所。この期間は所変えての展示販売となりますので、お店の営業はお休みとなります。


  • 日にち|2018年2月1日(木)〜 2月28日(水)
  • 時間|13:00-19:00、土曜日・日曜日・祝祭日-18:00
  • 会場|ココットカフェ(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区津久戸町3-12(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3269-2609
  • URL|http://cocottecafe.net/

アート

あたたかな青

本来寒色である青ですが、工芸で醸し出される青色は複雑で、あたたかな風合いを持っているものが多く存在します。本展では、陶器、織物を中心に生活をあたたかく彩ってくれる青い色彩の手仕事をご紹介してゆきます。


  • 日にち|2018年2月3日(土)〜 3月18日(日)
  • 時間|12:00-19:00、日曜日・祝祭日・最終日-18:00
  • 会場|神楽坂 暮らす。(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-7758
  • URL|http://www.room-j.jp/

催事

節分祭

暦の上ではもう春。今年の干支戌にあたる方は、年男・年女として、またそうでない方も希望があればご参加ください。1月31日までにお申込みいただくと、ご祈祷の後、かみしも姿にて豆まきに参加できます。皆様の福運を祈念いたします。(住職/嶋田尭嗣)


はじめての矢来能楽堂 special 新演出能「Re-QUEST~聖剣伝説~」

「はじめての矢来能楽堂」スペシャル版。予習なしでも楽しんでいただける現代語のナレーション入りで、古典に基づいた新演出の能をご覧ください。おなじみ「土蜘蛛」にちなんだ鬼退治のストーリーで、蜘蛛の巣の糸のお土産つき!節分の豆まきも!


アート

「生活工芸の作家たち 『ふつう』とはなにか」展

靴作家・森田圭一さんによるハンドメイド靴ブランド「kokochi sun3」。会期中は、草木染めのブランドMAITOで染めた5色の革をつかって制作したコラボレーション靴を初お披露目! 期間限定の美しい漆黒のスペシャルレザー・漆革もお選び頂けます。店頭に揃う沢山の靴をお試し下さい!


  • 日にち|2018年1月25日(木)〜 2月11日(日)
  • 時間|木曜日-日曜日12:00-19:00
  • 会場|工芸青花(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区横寺町31(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3266-5378

アート

神林學・林裕子展

1990年代から2010年代は「生活工芸の時代」とよばれることがあります。「生活工芸」の概念を築いた3人の器作家(安藤雅信/陶、辻和美/ガラス、三谷龍二/木工)の作品を展示販売します。


  • 日にち|2018年1月29日(月)〜 2月4日(日)
  • 時間|11:30-19:00、最終日・日曜日-17:00
  • 会場|えすぱすミラボオ(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区神楽坂6-36-1 神楽坂ビル2階(地図:google map
  • お問い合わせ|03-6228-1884
  
最新号配布中

 『かぐらむら』第99号
 平成30年8・9月号

表紙一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • 旧かぐらむらサイト

まちの時間割(2018年)