協賛店

文化・芸能

矢来能楽堂

三間四方の舞台の上に無限に広がる600年の伝統と幽幻の空間

特徴を教えてください。

磨きこまれた檜の床、老松が描かれた鏡板(かがみいた)。1930年(昭和5年)より神楽坂・矢来町の地で室町時代から続く能楽(能・狂言)600年の伝統を受け継いできました。

戦災で消失しましたが1957年(昭和27年)に再建され、2011年4月には国指定の【登録有形文化財(建造物)】となり、現在でも能楽の公演や、能楽を学ぶお弟子様方のお稽古場・発表の場として、日々舞台の上で歴史が積み重ねられています。

能楽の公演を始め、まずは能楽堂に入ってみようという企画や、初めて能楽を観る方のための解説付公演、初心者向けの能楽稽古(謡と仕舞)もご案内しています。


  • 住所|東京都新宿区矢来町60 
  • お問い合わせ|03-3268-7311
  • URL|www.yarai-nohgakudo.com
  • 営業時間|10:00~17:00
  • 定休日|不定休
  • 業種|伝統芸能(能楽)

最新号配布中

 『かぐらむら』第93号
 平成29年8・9月号

表紙一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • 旧かぐらむらサイト