2018年4月 97号

春に和の香りを贈る、椿屋。

神楽坂 椿屋

左上から「桜香炉」酒井抱一の写し、椿屋オリジナル、京焼/21,600円、「淡紅桜香炉」京焼/8,640円、「錦宝船鶴絵香炉」有田焼/4,860円、左下から「春秋文豆丸香炉」有田焼/6,480円、「銀彩紫波文香炉」有田焼/8,640円(すべて税込)

日本各地から天然の原料を使用した線香を取り寄せている香舗椿屋。店内に一歩踏み入るとほのかな和の香りが漂う。

椿屋特製 春の詰合せ6品セット 3,000円(税込)

香、線香、匂袋、文香、箪笥香など工夫をこらした商品の数々が並ぶ。化学的な香りが増え続ける今日、古くからある天然の香りをもっと暮らしに、と香りの贈り物を提案している。「鶴賀香」は神楽坂在住の人間国宝、鶴賀若狭掾師匠が新内の天覧演奏会を披露されたことを祝して造られた香。その他にも、春の香りと小物などを詰め合わせた贈り物がそろっている。

神楽坂 椿屋
住所|東京都新宿区神楽坂3-6
お問い合わせ|03-5261-0019
営業時間|10:00-20:00
定休日|年末年始
URL|http://www.per-fume.jp/

職人技を極めるオリジナル銘菓。


梅花亭

人気商品詰合せ(小) 2,980円(税込)

店舗に併設された工場でいつもできたてを用意している梅花亭。餡は、皮によって23種類のものを炊き分けているという。すべて豆から炊いているので、その手間はたいへんなものだ。納得のいく一品のためにすべて職人の手作りである。また着色用には、ベニバナやクチナシなど天然色素のみを使用。菓子づくりは、二十四節季にのっとってお菓子の意匠も決めている。

イギリスで技を披露する4代目

昨年度は4代目当主が外務省の「日本ブランド発信事業」のプロジェクトに選ばれてイギリスに派遣。ロンドンやエジンバラで日本人が持っている季節感に対する繊細な感覚を、和菓子に込めて表現し、日本文化の紹介に貢献している。お店の商品は、ほとんどが商標登録され、梅花亭オリジナルばかり。ギフト用セットにも、その銘菓を揃えている。

人気商品詰合せ(大) 5,080円(税込)

梅花亭神楽坂本店
住所|東京都新宿区神楽坂6-15
お問い合わせ|︎03-5228-0727
営業時間|10:00-20:00
定休日|不定休
URL|http://www.baikatei.co.jp/

梅花亭ポルタ店
住所|東京都新宿区神楽坂2-6 PORTA神楽坂1階


思いを込めた箸の贈り物。

全国から集まった箸がずらりと並ぶ

日本の箸は、実に繊細にできている。太さ、長さ、重さ、形状、塗り、装飾など千差万別である。神楽坂6丁目に箸だけの専門店「神楽坂 穂の花」の店内に入ると、その箸が壁一面に並んでいる。その数500種以上。若狭、輪島、津軽など塗りの産地も幅広く、東京の職人によるものもある。たとえば伝統工芸師の手による箸は、塗りの回数が20工程もあり、制作に1年半もかかる。

一番多いお客様は、ギフト用。ご結婚やご両親の還暦、喜寿など節目のお祝いに家族から贈られる場合が多い。たとえば写真の商品は、ひょうたん模様が6つ、螺鈿でできていて「無病息災」を表している。家族の健康や長寿を願うギフトにはぴったりと言える。また適正な箸の長さ、使いやすさを見つけるための体験用箸やボードなども用意してある。

無病息災 夫婦箸 4,104円(税込)

神楽坂 穂の花
住所|東京都新宿区神楽坂6-58-3
お問い合わせ|︎03-6265-0344
営業時間|11:00-20:00
定休日|水曜日

1 2 3