第87号(平成28年8・9月号)

水色の風景。野の道を歩きながらに見る、空の青いひろがり。

木立の間からちらほらと見える海の藍。

そんな風景を思い出の中にもっている。

八月、暑い夏、なのに思い出の中に吹く風はすずしく照り輝く光は美しい。

なつかしい遠い夏の日。