第79号(平成27年4・5月号)

ようやく春の風が少しづつ吹きはじめて花々も可憐に美しく街を飾ってくれている。

四月のはじめこの号が発行される頃には桜も満開。あるいはひらひらと花びらが散りはじめる頃であろうか。

春の陽のひかり輝く日が楽しみである。

「久かたの 中に おひたる 里なれば 光をのみぞ たのむべらなる」(古歌)