まちの時間割

神楽坂界隈で開催されるイベント情報をご紹介します。
チケットの購入や営業時間など、事前に確認されることをお勧めします。

2018年11月11日(日)

観世九皐会11月定例公演

平家転覆の陰謀「鹿ヶ谷の変」により、薩摩国鬼界島へ流刑になった俊寛僧都の悲哀を描く名作、能「俊寛」(写真・駒瀬直也)。壬申の乱で都を追われた清見原天皇を匿い、御代の復興を助ける能「国栖」(桑田貴志)。小学校の教科書でおなじみの狂言「柿山伏」(山本泰太郎)を上演します。ほか仕舞。


アート

田崎宏・山口太志 ふたり展

今秋も東西から素敵な陶・磁が届きました。東北は会津本郷から田崎宏の凛とした白磁、西は備前から山口太志のしっかりとした土もの。それぞれに食を酒を花を引き立てる確かな器たち。それぞれの風土が生んだ味わい深い器たち。ぜひ手に取ってお愉しみください。


アート

ちいさなもの市

日本では昔から小さなもの=かわいらしいものを珍重されてきました。本展では、さまざまな小さな工芸に注目。フェルトのブローチをはじめ、木工アクセサリー、民芸的風合いの豆皿、土人形、小さな一輪挿しなど、生活に潤いを与えてくれるものを取りそろえます。


  • 日にち|2018年11月1日(木)〜 11月15日(木)
  • 時間|12:00-19:00、日曜日・祝祭日・最終日-18:00
  • 会場|神楽坂 暮らす。(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-7758
  • URL|http://www.room-j.jp/

アート

ゴトウカオル×増山みゆき 2人展「どうぶつズ」

「どうぶつ」はウソをつかなくて良いよね。なりたいね、なれないね。じゃ造ろう。2人がそれぞれに粘土や張り子、絵の具を使って仲間たちを造りました。カオル×みゆきの「どうぶつズ」に逢いに来てくださいね。


アート

田中誠一作品展

2010年より油絵・水彩画を始め、今回神楽坂にて初の個展を開催いたします。ベニス、シチリアなど毎年ヨーロッパで取材した美しい街並み、東京の表参道、丸の内などモダンで素敵な街角、また人物、静物画等30余点を展示いたします。是非ご高覧ください。


アート

ギフトなタレント展2018

バック、服、つまみ細工アクセサリー、パールジュエリー、キルト、宝石画、などハンドメイドでハイレベルな作家が集まった展示会です。参加は、Bacchaus、Maple House、Atelier CARCAJOU、小田彦三郎、Tomoneco Factory、犬飼輝彦です。ぜひお立ち寄りください。


アート

手代木チカ ガラス展—哲学ブランコ 半透明に生きる—

夜の公園でスーツ姿の女が一心不乱にブランコを漕ぐ。妖怪、狂気と哀愁、日常に遭遇したそう云う人や、夢にあらわれた半透明の世界。空想と現実の狭間。枠に入れない生きもの、生き方。夜の公園、ブランコは揺れる揺れる。ガラスだからこそできる非日常の表現。ご堪能あれ。


  • 日にち|2018年11月9日(金)〜 11月14日(水)
  • 時間|11:00-18:00、最終日-17:00
  • 会場|五感肆パレアナ(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区白銀町1-2(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-6951

アート

壺草苑販売会「天然藍が染めるふく 2018年秋冬」

日本が世界に誇る「灰汁発酵建」による天然藍染め。その技術において屈指の実力を誇る壺草苑の新作が勢揃いします。創業30周年を迎え、ファッションの要素を取り込み、若返りを含めたリフレッシュに取り組む姿勢から生まれた洋服を、より幅広いお客様にご注目頂きたいです。18日(日)は壺草苑の藍染め職人が在店。


アート

川又敦子展「色彩の旅2018〜四季」

今回のタイトルは「四季」“Quatre Saisons ~ les Voyages des Couleurs 2018”。季節の移ろいと、色とりどりに変化していく色を捉えて描いた、様々な旅のシーン。欧州への旅を続ける中で描く油彩、色彩溢れる旅の風景を、白い空間にちりばめます。


  
最新号配布中

 『かぐらむら』第100号
 平成30年10・11月号

表紙一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • 旧かぐらむらサイト

まちの時間割(2018年)