まちの時間割

神楽坂界隈で開催されるイベント情報をご紹介します。
チケットの購入や営業時間など、事前に確認されることをお勧めします。

2018年10月14日(日)

観世九皐会10月定例公演

琵琶の名手・平経正の霊が仁和寺に現れ、在りし日を偲ぶ、能「経正」を矢来能楽堂当主・観世喜之(写真)が演じます。またもう一曲は、大和国當麻寺の「當麻曼荼羅」を織ったとする中将姫の故事に取材した能「當麻」です。


アート

ネコットカフェ☆2018

ココットカフェはこの時期だけ「ネコットカフェ」と呼ばれます。今年は神楽坂にゆかりある文豪の作品を猫で表現したイラスト展を開催。肉球の焼印つきパウンドケーキを食みながら、ネコットタイムをお楽しみください。※リアル猫は居りませんのでどうぞご注意を! 14日(日)はギャラリーのみ営業。この日は、化け猫パレード会場にてオリジナルキャットパウンドケーキ販売予定


アート

一汁一菜的な食卓

一汁一菜。シンプルな食事のスタイルを楽しく彩ってくれる手仕事の器たちをご紹介いたします。飯碗、汁椀、箸、六寸皿、お盆、ランチョンマットなどなど、あたたかな風合いの手仕事が揃います。この機会に、自分だけのお気に入りの器を探してみては。


  • 日にち|2018年10月5日(金)〜 10月18日(木)
  • 時間|12:00-19:00、日曜日・祝祭日・最終日-18:00
  • 会場|神楽坂 暮らす。(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区矢来町68 アーバンステージ矢来101(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-7758
  • URL|http://www.room-j.jp/

アート

朝倉加代アート作品展 Reimagine〜境界線に立つ〜

洋服や着物、布や金属等を用いたものなど多彩なアート作品創りをしている朝倉加代の初個展。着物はデニムに日本の伝統的な柄をタティングレースやフランス刺繍で表現するなど、様々な試みに挑戦した作品を多数展示。初日にはダンサーを交えたファッションショーも開催する。


アート

瑠璃色はお好き?—小沢智恵子フェルト展—

—羊毛、シルク、色との出会い—イメージは日本の古い色の再現。森のような生命の世界を思い、抽象画を描くように制作する。フェルトは人類が作った生地で一番古い歴史を持つ。保温性、弾力性に富み、繊細に絡み合う独特の透け感は手仕事ならではの醍醐味。


  • 日にち|2018年10月9日(火)〜 10月14日(日)
  • 時間|11:00-18:00、最終日-17:00
  • 会場|五感肆パレアナ(地図:google map
  • 住所|東京都新宿区白銀町1-2(地図:google map
  • お問い合わせ|03-3235-6951

アート

街を遊ぶ着物コレクション展「神楽坂コレ2」

埼玉県熊谷市の着物小売店、きものこすぎが「秋の神楽坂を楽しむための着物コレクション」展を開催します。女性着物はもちろん、人気の男性着物のコーディネイト展示もございます。秋の一日を是非お着物姿で神楽坂散策と一緒にお楽しみください。


アート

北村康郎 日本画展

自然や植物をモチーフに絵を描いています。動物の持つ美しい姿形や色彩、そこに宿る生命をいかに表現するかがテーマです。日々のスケッチを通して、自分なりに感じた植物の意思や感性を、絵画の中で表現できればと思います。


アート

岡本光博「UFO」

TVや新聞、インターネットのニュースで紹介された「未確認墜落物体」や「未確認家庭物体」など、様々な形態のUFOを発表してきた美術家の岡本光博による個展。今春に福岡で話題をよんだ「未確認回転物体」の他、未発表新作を含む数点のオブジェや立体作品を展示する。


アート

ボローニャ国際絵本原画展入選作家2人展

三宮ぎゃらりーさんぽ巡回展から帰ってきた『カピバラのせいかつ』(ミケーラ・ファブリ作)と『ねえ! こっちみて!』(顽形作)。ご好評につき秋の二人展・飯田橋おかえりなさい編を開催。お部屋に飾れるサイズの複製画もご用意してお待ちしております!


  
最新号配布中

 『かぐらむら』第100号
 平成30年10・11月号

表紙一覧へ

  • facebook
  • twitter
  • 旧かぐらむらサイト

まちの時間割(2018年)